冬のお風呂で起こる心筋梗塞や脳卒中に要注意!

冬のお風呂で起こる心筋梗塞や脳卒中に要注意!

寒い時期にお風呂でゆっくり温まると、じんわりと幸せな気分になりますよね。疲労回復や気分転換に役立ってくれるお風呂ですが、実は心臓に負担がかかりやすいということをご存知でしょうか。特に寒い時期は高齢者を中心にお風呂がきっかけで亡くなる方が増える季節です。ここではお風呂で心臓や脳の発作を起こさないための安全策について詳しく説明していきます。

お風呂で亡くなる人が多い2つの理由

お風呂で突然死した方の死因は心筋梗塞や脳卒中、動脈瘤の破裂や高血圧、動脈硬化などによる急死が主なものとなっています。ほとんとが心臓疾患か脳出血ですが、軽い心臓発作や脳卒中でめまいが起こり、湯船に沈んでしまうというケースもあります。もともと血圧が高い方や動脈硬化と診断されている人は特に注意が必要です。

急激に血圧が上がって心臓や脳に負担がかかることが原因ですが、なぜそうした変化が起こるのでしょうか。主な原因は2つ考えられます。

・浴室と脱衣所、室温とお湯の温度差が大きいこと
・冷えた体で42度以上の熱いお湯につかることでのショック

特に42度以上の熱いお湯が好きという方は注意が必要。熱いお湯につかると、血圧は1~2分で急上昇し、血管が破れて心臓や脳に負担がかかり発作を起こしやすくなるのです。

お風呂での突然死を防ぐために気をつけたいこと

まず、ひとつ目は脱衣所やお風呂場を温かくしておき、お湯の温度との温度差を少なくすること。そして、もうひとつはお風呂の温度は41℃以下にすること。お風呂場の温度を調節できないときは、お風呂に入る前30分くらいから、お風呂をフタを開けて、お風呂場のドアを閉めておくとよいでしょう。

また、肩までつかる入浴は心臓に負担がかかるため、長時間温まりたいときにはお湯の温度は38℃くらいのぬるいお湯にし、みぞおちくらいまでお湯につかる半身浴をするのがおすすめ。寒いときは厚手のタオルを肩からかけるようにします。年配の方はお湯が熱い一番風呂を避けることも大切です。

万が一、家族が倒れたら……

家族の方が、お風呂に入っているとき「今日はいつもよりお風呂が長いな」「なんだか物音がしないけれど……」と感じたら、迷わず声をかけるようにしましょう。内側からカギがかかるお風呂であってもカギはかけないようにした方が無難です。

体を持ち上げられないならお湯を抜く!

家族が湯船に顔をつけたまま沈んでいたら、まずお風呂から出す必要があります。体が大きい方などで体を持ち上げるのが難しい場合、お風呂の栓を抜いてお湯を減らします。お風呂のフタを顔の下にいれて、顔を持ち上げるのもいいでしょう。

まず、119番に通報します。心臓マッサージは交互に行う必要があるため、周りにいる人や近所の人を呼びましょう。AEDが近くにある場合、誰かに依頼して持ってきてもらいます。

その後で、倒れた人の気道を確保してから、心肺蘇生法を行います。心肺蘇生法やAEDの詳しい使用方法については以下のページを参照してください。

参考:春日・大野城・那珂川消防本部 http://fukuoka.kon119.or.jp/seikatu/kyukyu/1sec.html

「心臓マッサージ」というくらいですから、心臓部分をマッサージするものを思っている方もいるかもしれませんが、実際には「胸骨圧迫」という方が分かりやすいでしょう。圧迫するのは乳頭と乳頭の間、胸の真ん中あたりになります。こするのではなく、両手の肘を伸ばして重ねた両手で胸骨を圧迫するイメージです。

消防の方によると、人工呼吸よりも心臓マッサージの方が大切だそう。混乱してしまっている場合は、とにかく心臓マッサージだけでもすることが大切。そのためには、日頃から心肺蘇生法やAEDの使用方法について理解しておく必要があります。

おわりに

筆者の親類に介護施設で働いている人がいるのですが、この時期になると突然亡くなるお年寄りが急増すると言っていました。もともと病気を抱えている人だけではなく、「昨日まですごく元気だったのに……」という人も少なくないのだそうです。リラックスするためのお風呂で命を落とすことがないよう、冬場のお風呂場の温度調整にはくれぐれも注意したいですね。

携帯代が年間◯万円安くなったら何を買う?

[スポンサーリンク]

▼▼ この記事が参考になりましたら、是非シェアをお願いします♡