【保存版】痛いのサヨナラ!口内炎を早く治す方法とは!?

口内炎 直す カタル性口内炎

携帯代が年間◯万円安くなったら何を買う?

気をつけていても出来てしまう口内炎、一度なってしまうと完治まで平均して1週間〜2週間はかかるため、その間あの「ジワジワ痛い」苦しみが続きます。

あまり動かさない体の器官なら話は別なのですが、喋ったり、食事をしたり、喉を潤したり…一日中フル稼働しているお口に炎症が出来てしまうと、もうその時点でテンションもガタ落ちですよね。今日はそんな口内炎を早く直す方法をご紹介しちゃいます。

ビタミン不足で発生する口内炎は少数派だった!

口内炎はビタミン不足から発生する!と思われがちですが、なんと原因としてはとても少数派なのだとか。原因が違うとなるとビタミン剤による治療法はあまり期待出来ないことになりますね。

  • 金属などのアレルギーによる口内炎
  • ウイルス性や細菌による口内炎

などがありますが、最も多いのは物理的刺激から起こるカタル性口内炎なのだそう。

カタル性口内炎とは?

食事中に歯で唇の内側を噛んでしまったり、歯ブラシで口内を傷つけると、そこから細菌が入り込み炎症を起こします。これがカタル性口内炎です。実は最初の原因はこのような物理的刺激である事がほとんどです。

口の中には約300種類以上の細菌が存在していて、口内ケアを十分にしている人でも、その数は「億」を超えるのだそう。だからこそ、口内炎を早く直すためにはこれらの菌の繁殖を抑える事が、最大の近道になるのです。

効果的な直し方3選

1.効果抜群!塩水うがい

風邪の予防に脚光が浴びがちですが、その根拠は塩水でうがいをする事によって、口腔内の細菌やウイルスを殺菌し、洗い流す効果があるからです。口内炎になっていると、塩うがいはかなり染みますが「スグ治った」と評判多いのはアンケートの結果でもこの方法と発表されています。

口内炎を直すキーワードは「お口の中を常に清潔に」これに限ります。就寝前、起床後、食後の歯磨きも必ず忘れないようにする事も忘れずに。

2.塗り薬で直す

口内炎を早く直す為に効果的なのが塗り薬。ドラッグストアで購入できるケナログ、歯医者さんで処方されるアフタゾロンなどが有名ですね。

つけるポイントは患部の水分をよく拭きとって付けること。唾液や飲食で流れてしまうと効果が出ないため、就寝前などに行うのが効果的です。菌が繁殖していると効果が半減してしまう為、できれば塩水うがいと歯磨きはセットで行いたいところ。

3.レーザー治療で直す

もっとも即効性があって人気なのがレーザー治療。患部にレーザーを照射させ治療します。最短で1日〜数日で治るのでお仕事柄、早急な治療を必要とする方にはオススメな方法です。

自己負担の保険外治療になりますので歯医者さんによって値段はまちまちですが、1000円〜から出来るようなので、心配な方は事前に問い合わせを行いましょう。

おわりに

繰り返しになりますが、カタル性口内炎にしてもその他のウイルス性の口内炎にしても、最大のポイントは、口腔内を常に清潔に保つ事です。ついついしてしまうお菓子などの間食も治療の期間はガマンして控えてくださいね。

そして、しばらく経っても完治しない場合は、体の疾患からくる他の要因を疑う事も必要です。2〜3週間経っても一向に治る気配がない場合は専門の病院へ診察に行くことをおすすめします。

以上、口内炎を早く治す方法をお伝えしました!

[スポンサーリンク]

▼▼ この記事が参考になりましたら、是非シェアをお願いします♡