固めるテンプルが無いときに代用出来る「食用油」を捨てる方法まとめ。

固めるテンプルが無いときに代用出来る「食用油」を捨てる方法まとめ。

携帯代が年間◯万円安くなったら何を買う?

久しぶりに自宅で揚げ物をしたら、固めるテンプル等の廃油凝固剤がない!!そんなことに遭遇した人も多いのではないでしょうか?

今日は固めるテンプル等の代用として、廃油を捨てる方法をまとめます。直接流しに捨てるのは悪臭や水質汚染のもとになりますので絶対にやめましょう。

紙パックを使用して捨てる処理方法

牛乳パックなどが自宅にあればこの方法が最もお手軽です。

紙パックに新聞紙やボロ布などを詰めてその中に廃油を流し込みましょう。

すべて流しこんだら蓋をして(ガムテープ等でパックの口を塞いでしまうのがベスト)燃えるゴミとして処理します。

ポリ袋を利用する処理方法

こちらも先ほどと同じ要領でポリ袋に新聞紙やボロ布を詰め込んで廃油を流し込みます。

紙パックなどと違って強度が弱いためポリ袋を2重にして口をしっかり縛る事が重要です。同じく燃えるゴミとして処理していただいて構いません。

片栗粉や小麦粉を使って捨てる方法

少量の油なら良いのですが、天ぷらなど大量の油を使った場合は、なかなか新聞紙では吸い込んでくれない場合が多いので個人的にはコチラの方法がオススメです。

安価な小麦粉で構いませんので廃油にドバドバと混ぜドロっとするまで加えたらポリ袋に移し替え、燃えるゴミとして処理します。

油がまだ熱いうちに小麦粉を加えると大変危険ですので必ず冷めてから行ないましょう。

おすすめは合わせ技

散々ご紹介しましたが多くの方法を試し、一番しっくりしたのは前記した方法の合わせ技です。

冷えた油にクシャクシャにしてチギッた新聞紙、さらに大たま3杯〜(油の量によって増減してください)ほどの小麦粉を加えさえ箸などでゆっくりかき混ぜます。

すると新聞紙にドロドロした廃油が絡みついてきますので、それらを2重にした袋に移し替え処理すると良いでしょう。

※ 新聞紙がない場合はキッチンペーパーやトイレットペーパーなどでもOKですよ。

新生児や幼児のいる家庭なら

皆さんに該当するわけではありませんが、グングン水分を吸い込むものと言えばやっぱり紙おむつ!!! 固めるテンプルがなくても未使用の紙オムツなら1〜2枚もあれば使用済みの油をグングン吸い込んでくれますよ!

廃油ステーションの活用も♡

ろ過すれば繰り返し使える油ですが、置き場所がなかったり、ろ過する道具自体を持っていない場合もありますよね。実は調べてみると、お住まいの地域のコンビニやスーパーで廃油のリサイクル回収を行っている店舗があります。

私の住んでいる横浜にもありますし、東京都内なんかは結構数があるみたいです。限られた資源だからこそ、お近くにこういった店舗がある場合は是非利用をしてみてください!!

Photo by flickr @OiMax

[スポンサーリンク]

▼▼ この記事が参考になりましたら、是非シェアをお願いします♡