隣の家との距離はどのくらいあければOKか?

隣の家との距離

首都圏の住宅地に建てられた新しい一戸建て住宅。敷地内目いっぱいに建てられていて、隣家との間が1メートルにも満たないケースがよくあります。「あれでは窓を開けたときに、お隣さんと目が合うのでは?」と思ったことのある方もいるのでは?実際に家を建てるときは、隣の家との距離はどのくらいあけておけばいいのでしょうか。

壁と隣の家の敷地は50センチ以上あける!

民法では建築の制限について以下のように定めています。隣の家との距離は自分の家の壁から境界線までの距離が50センチ以上になるように定めています。ただし、これは建築基準法とは異なるものであるため、実際には50センチ以下の距離で建物が建てられるケースも。建築基準法の関連する規定を合わせてみてみましょう。

民法 第234条(境界線付近の建築の制限)

・第1項
建物を築造するには、境界線から50センチメートル以上の距離を保たなければならない。

・第2項
前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。

・建築基準法 第65条  
防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

これは風通しや日照といった快適な居住環境の維持と災害のときの避難通路の確保、火災のときの延焼防止という公共の目的のために定められています。ただし、建築基準法では外壁が耐火構造であれば、その外壁を隣の家との境界線に接して建築してもいいということになっています。

分かりやすくいうと「外壁が耐火構造で隣の人が承諾すれば50センチ以下でも建てられる」ということ。建築中になにも抗議がなければ承諾したとみなされて工事は進めることができます。

よく、「隣の家から屋根のひさしが50センチ以下のところにあるから、切ってほしいと言われた」というケースを目にしますが、ここでいう50センチとは外壁や建物と一体で作られているバルコニーなどの位置から図る距離。ひさしから境界線までではありません。

近すぎる窓には目隠しをつけるがルール

では、街中で見かける狭小地に建てられた建売住宅のように2つの家の窓が極端に近いケースにおいて、制限はあるのでしょうか。同じく民法の規定によると、1メートル以下となる場合、窓をすりガラスにしたり、メッシシートなどの目隠しをつけなければならないことに決まっています。

民法 第235条

・境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。

・前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する。

民法の効力

これらの決まりは民法で定められたものであり、守られていなくても即、建築基準法違反というわけではありません。実際には繁華街に建てられた建物のように、双方の合意のもと、50センチ以下の距離で建物が作られることもしばしばあります。

ただし、自分の家の隣、50センチ以下の距離になんの知らせもなく、建物が建てられ始め、風通しや災害時の避難経路として利用するのに支障が出るようなケースでは、早めに工事担当者に申し入れるようにしましょう。

「隣人の合意」は書類などで取り付ける必要はなく、黙示(暗黙の了解)でも通ってしまうので、黙っているとそのまま工事が進められてしまいます。工事担当者に質問しても解決しない場合は施工主に工事の中断・変更をするよう内容証明を送るようにします。

おわりに

民法の決まりは隣人同士の権利問題が発生したときに適用されるもの。したがって、お互い黙認しているケースでは50センチ以下でも問題ないということになります。ただし、隣人関係は権利問題だけで図れるものではありません。新しく家を建てるときには、実際に住み始めてからお隣さんといい関係を築くためにも、最低限のマナーを守ること。そして、問題が発生した際には現実的に可能な範囲内でお互いの妥協点を見つけるようにしたいものです。

携帯代が年間◯万円安くなったら何を買う?

[スポンサーリンク]

▼▼ この記事が参考になりましたら、是非シェアをお願いします♡