【ダイエット】激しい動きナシでボディラインを引き締める!バレトンとは?

【ダイエット】激しい動きナシでボディラインを引き締める!バレトンとは?

年齢とともにゆるんでいくボディライン。なんとかしたい!と思っても運動が苦手、リズム感がないなどの理由でまったく体を動かしていないという方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、ここ数年、知名度がアップしている「バレトン」です。ちょっと聞きなれない言葉ですが、バレトンとはどんなエクササイズなのでしょうか。

バレトンとは

Balletne(バレトン)とはバレエと、筋肉を鍛えるという意味の言葉からきている「トン」を組み合わせた言葉。あらゆるエクササイズの流行が生まれると言われるニューヨークで誕生したメソッドです。日本で始まったのは2007年ごろ。ボディラインの引き締めやゆがみの矯正、柔軟性や筋力の向上やストレス発散など、さまざまな効果が期待できます。

バレエというと、体が柔らかい方やリズム感のある方でないとムリなのでは?と考えがちですが、バレトンはどんな人でもトライできます。ゆっくりとした動きで筋肉にアプローチしていくため、激しい動きは一切なし。関節を傷めるような動きもありません。

それでいて、体のすみずみにまで意識が行き渡るため普段使わない筋肉の動きや柔軟性を高める効果もあります。ゆったりとした動きなのに、終わったあとは心地よい疲労感。シンプルな動きばかりなので自分の体のどこが普段使われていないか、どこに違和感があるかなどに気づきやすく、体と向き合うことができます。

さらに動きに集中することで、頭の中はからっぽに。ヨガとは違った意味で心の平穏を取り戻すことができるプログラムです。

バレトンの種類

バレトンには強度によって3つのタイプに分かれています。

①ソール・シンセシス
②スタンディングフロー
③センタームーブス

日本のスポーツクラブなどで実施されているのはソール・シンセシスが中心。バレエの動きのほかにヨガやスクワットなどの動きを取り入れています。

<ソール・シンセシス>


スタンディングフローはバレエの動きのみで構成されたもの。バレトンとして最初に作られたのがこちらです。肩甲骨や股関節など、コリや痛みの原因になりやすいパーツを丹念にほぐし、普段の生活で使わない筋肉を鍛えることができます。バレエの動きののみといっても難しくはなく、誰にでもできるもの。ソール・シンセシスに比べてひとつひとつの振付が短いのが特徴。でも、真剣にやるとかなり汗をかくほど本格的なエクササイズ効果があります。

<スタンディングフロー>


最後のひとつ、センタームーブスは最後に日本に入ってきたもの。ジャンプやシャッセと呼ばれる体重移動するバレエの動き組み合わせ、有酸素運動の効果が得られるようになっています。前後左右と比較的大きな動きが入っていることもあり、消費カロリーも高め。慣れてくるセンタームーブスが一番楽しいという人も多いそうです。

<センタームーブス>


バレトンに必要な道具ってあるの?

バレトンは動きやすい服装があればOK。ヨガやピラティスのようにマットも使いませんし、はだしで行うので、シューズも不要です。すべるのを防止し、しっかりと自分の体を支えるためにも靴下は履かないほうがいいでしょう。

実際にバレトンを経験してみた!

筆者もバレトンを経験してきました。動きはシンプルでゆっくり。バレエやダンス、ヨガ、ピラティスの経験がなくてもまったく問題はありません。指先やつま先まで意識しながら、体をしっかり伸ばしていくので、インナーマッスルも鍛えられていく気がします。

有酸素運動と筋トレの効果が同時に得られるのも魅力。ランニングはもちろん、ランニングマシンや自転車も嫌い(退屈だから)な筆者は、退屈せずにこの2つの運動効果が得られるのはとても効率的だと感じました。特にお尻や内もも、もも裏などにしっかり効いている感じ。通ってみると、数か月にわたってほぼ同じ動きを繰り返すので、だんだん慣れてきて達成感が得られるのも嬉しかったです。

レッスンが終わるころにはうっすらと汗が。体全体をくまなく動かした!という爽快感と満足度もたまりません。これは長く続けられそう!と感じました。

美しさを維持するためのモチベーションづくりにも!

筆者が経験したクラスはソール・シンセシス。ジャンプがないので、関節に負担をかけることもなく、ひざや腰の痛いが気になるという60代以降の女性も参加していました。こう言うと「年配の人がやるエクササイズなの?」と言われますが、とんでもない!

実際、バレトンに参加している50代以降と思われる女性はみな、すらっとしていて素敵なスタイルの持ち主ばかり。「このくらいの年齢でも頑張れば、これだけキレイでいられるってこと?」というモチベーションにもつながります。

最近はじわじわバレトンの知名度が上がっているため、スポーツジムだけではなく、自治体のスポーツセンターでもバレトン講座が開かれるようになってきました。是非、皆さんも参加してみてくださいね。

[スポンサーリンク]

▼▼ この記事が参考になりましたら、是非シェアをお願いします♡