アンチエイジングやダイエットのためにも肝臓をいたわるべき理由って?

アンチエイジングやダイエットのためにも肝臓をいたわるべき理由って?

お酒を飲むのが大好き!という方のなかには二日酔い対策としてウコンやセサミンなど肝臓をいたわるサプリメントを愛用している方もいるのではないでしょうか。肝臓の機能というとアルコールの分解ばかりが有名ですが、実はそれ以外にも大切な役割を持っているということをご存知ですか?健康を維持するためはもちろん、いくつになっても若々しく、スリムでいるためには肝臓をいたわってあげることが大切。ここで肝臓をアンチエイジングやダイエットの関連性について詳しくお話します。

アルコールだけじゃない!肝臓は脂肪や糖の代謝も!

肝臓は食事から摂った脂質や糖の代謝を行っています。そのため、肝機能が低下すると脂肪を溜め込みやすい体になってしまうのです。最近はアルコールではなく、糖の摂りすぎによる若い人の「非アルコール性脂肪肝」が問題になっています。糖の摂りすぎは糖尿病やメタボ体型も招くことに。糖の半分は肝臓で脂肪に変化するとも言われています。特に果糖は脂肪になりやすいのでくだものを摂りすぎたり、果糖を含む飲み物を飲みすぎたりするのもNGです。

もちろん、お酒の飲みすぎも良くありません。解毒しきれなかったアルコールが肝臓に残ると細胞のなかで中性脂肪になって溜まっていきます。これが「アルコール性脂肪肝」の正体です。

また、呼吸や体温の維持、内臓や脳を動かすといった人間の生命活動全般に必要となる基礎代謝も全体の3割近くが肝臓で行われています。基礎代謝をあげるには筋肉をつけるべきと言われていますが、肝臓の健康を意識することも基礎代謝の維持し、肥満を防ぐことにつながるのです。

肝臓は人間の体内でもっとも活性酸素が発生しやすい

肝臓の健康を維持することは、美容やアンチエイジング、はつらつとした体の維持にもつながります。肝臓は解毒、代謝のほかに体を動かすエネルギーを作り出すはたらきも持っています。そのため、肝臓が弱ると疲れやすくなったり、体がだるくなったりするのです。

体にとってこれだけ大切な役割を果たしている肝臓。それだけ酸素を大量に消費するため、肝臓は人間の体のなかでもっとも多く活性酸素が発生する場所でもあるのです。活性酸素が増えると、がんを初めとするさまざまな病気を引き起こし、老化のスピードを早めてしまうことになるのです。

いつまでも元気で美しい、年齢を感じさせない女性でいるためにも肝臓をいじめるのはNG。お酒の飲みすぎはもちろん、脂肪や糖分の多い食事やファストフード、スナック菓子、添加物の多い食品も避けるべきでしょう。

肝臓をいたわる食生活とは?

肝臓をいたわるためには週に2~3日、アルコールをとらない休肝日を作ることが大切。毎日飲む習慣があるわけではないという方も、飲み会やイベントのときは良質なたんぱく質や食物繊維を含むおつまみを食べるようにして肝臓のダメージを減らすようにしましょう。飲む前にセサミンを含むゴマを食べる、セサミンやウコンのサプリメントを利用するといった工夫もオススメです。

また、活性酸素を除去する抗酸化作用の高いビタミンA,C,Eも日ごろから意識して摂るように心がけて。特に肝臓にいいと言われている成分セサミンはビタミンEなど体内で酸化しやすいビタミンと合わせてとることで、より抗酸化作用を高めてくれると言われています。

不規則な生活やストレスも肝臓にはよくありません。バランスの取れた食事と健康な生活習慣を保ち、肝臓をいたわってあげましょう!

携帯代が年間◯万円安くなったら何を買う?

[スポンサーリンク]

▼▼ この記事が参考になりましたら、是非シェアをお願いします♡